ごあいさつ


現代はストレス社会であり、心の健康を保つことが難しく、うつ病等の「心の病」で治療を必要とする人が増加しています。
  当院では、「患者様本位の精神医療」を念頭におき、「患者様の人権の尊重・安全で良質な医療の提供」の理念の下、明るくなごやかな雰囲気の中で「心の病」の治療を行っています。
 入院患者様には、早期退院を目標として医師、看護師、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士等の様々な専門職種が連携して治療やリハビリテーションを行い、一日も早く社会復帰、社会参加ができるよう努めています。
 通院患者様にはデイケアや訪問看護を実施し、地域で自立し安定した生活ができるよう支援しています。
 また、当院では認知症の専門外来や心の健康相談、カウンセリングも行っておりますので、心の悩みや病気でお困りの方はお気軽に受診して下さい。

院長 棚橋 裕

基本理念


基本理念 人権の尊重。 安全で良質な医療の提供。

基本方針


●人権を尊重し、患者様に満足していただける医療を実践します。
●患者様の自立と社会参加を実現する医療を目指します。
●地域に信頼される医療サービスを提供します。

患者様の権利と義務について


私たちは患者様の人権を尊重し、その権利を大切に考えています。

患者様は、いつでも必要かつ十分な医療サービスを公平に受ける権利があります。

患者様が未成年や精神の障害等で合理的な判断を下すことが難しい場合でも、患者様の意志はできる限り尊重され、最善の医療を受ける権利があります。

病名、病状、診療計画、検査、薬等についてわかりやすく納得できるまで説明を受ける権利があります。一方患者様には良質な医療が受けられるよう、医療提供者に対し自分の健康に関する情報を正確に伝える義務があります。

十分な説明と情報提供をもとに、提案された診療計画等を自分で選ぶ権利があります。

しかし、患者様にはそれらの内容に関する指示を守る義務があります。

健康や病気、医療制度や社会福祉について学習する権利があります。

自分の診療記録の開示を求める権利があります。

個人の秘密や医療に関する個人情報が守られ、院内でプライバシーに十分な配慮を受ける権利があります。

病院にて提供される医療・接遇・環境等に対し意見をのべる権利があります。

他施設の医療を受けられる時は、継続的な医療となるよう、情報の提供を受ける権利があります。

概  要



■創立     昭和40年6月8日
■診療科    精神科・心療内科
■敷地面積   18,900㎡(約5700坪)
■病棟・病床  225床(指定病床20床)
 南1病棟    55床 認知症治療病棟
 南2病棟    50床 精神科急性期治療病棟
 北1病棟    60床 精神療養病棟
 北2病棟    60床 精神療養病棟
■医療スタッフ 医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師・臨床心理士・
        作業療法士・精神保健福祉士・社会福祉士・管理栄養士・他
久居病院は、久居の西部、榊原温泉に続く高台に位置しています。国道165号線沿いで、伊勢自動車道の久居インターチェンジにも近く交通の便利なところにあります。病院周辺は四季折々の自然に恵まれ、西は青山高原を望み療養には最適の環境です。